母と子供
外国の診察風景

不妊の原因

不妊の原因は様々です。女性であれば、卵巣機能不全、卵管狭窄、子宮筋腫、内分泌ホルモン異常といったことが原因で不妊になります。これらの治療に取り組むことが不妊治療にあたります。

Read More

パソコン操作の女医

男性が原因の場合

男性の体質が問題で不妊になることもあります。無精子症、精路閉鎖、内分泌ホルモン異常といった症状です。性交障害といったことも原因として数えられるので、これらを改善する不妊治療に取り組みましょう。

Read More

親子の手

検査が必要

不妊治療に取り組む際には、まず検査を行う必要があります。男女どちらに原因があるのか、どのような原因なのかを検査することによって突き止めることができます。検査は様々な方法があります。

Read More

不妊の悩み

黒い服の妊婦

人生を共に歩むパートナーと結婚して、家庭を築きます。夫婦の形はそれぞれですが、多くの夫婦が子どもを産んで育てたいと願っています。
しかし、体質的になかなか子宝に恵まれない夫婦もいます。子どもが欲しい夫婦にとって、このような不妊の悩みは大きな問題です。
不妊の問題は、男女どちらの責任という事はありません。しかし、不妊の問題に直面した時に、責任の所在を探してしまう夫婦が非常に多いです。
赤ちゃんが出来ないのは自分のせいだ、と自分を責めてしまうこともあります。精神的に追い詰められてしまい、円満な家庭作りに大きな支障を与えます。
また、パートナーに責任を負わせるというケースもあります。お互いを責めて、摩擦が生じて夫婦生活が継続できなくなるほどの溝が生じてしまいます。
また、長男夫婦の場合は、跡継ぎの出産を臨む親からのプレッシャーもあります。このような大変つらい不妊を改善するために、婦人科などで不妊治療を行いましょう。

不妊治療は、単純に体質を改善して赤ちゃんが出来るという事を目指すだけではありません。
夫婦円満、健全な家庭を構築していく上で必要不可欠なことです。体の健康を作るためだけではなく、人生をより豊かに送る為という視点を加えた医療を医療福祉と言います、
婦人科で不妊治療を行い、充実した家庭生活を送れるようになるという視点が医療福祉です。
不妊治療には様々な種類があります。不妊の原因を特定して、治療を行いましょう。

妊婦と子供

タイミング法

不妊治療として挙げられるのが、タイミング法です。最も初歩的な治療方法で、最も受精しやすい排卵の日を正確に特定して、その日に性交を行うという方法です。排卵を促すという治療法もあります。

Read More

横向きの妊婦

人工授精

タイミング法などで妊娠しなかった場合は、人の手を介して受精を行う人工授精などの不妊治療があります。人工授精を行なうことで、確実に受精を行うことが出来ます。子宮に大きな問題がない場合はこの治療で妊娠することが出来ます。

Read More

聴診器を持つ女医

体外受精

精子に不妊症の原因がある場合は、体外受精という方法があります。体の外で受精を行い、受精卵を子宮内に戻すという方法です。現在は医療の進歩で安全性が高まり一般的な治療として行われている不妊治療法です。

Read More